top of page

マタニティライフをピラティスで快適に

これまで、妊娠中の方へ向けて マタニティピラティスプライベートレッスンで 出産・産後に向けてのお手伝いを多くしてきました。

妊娠中のピラティス(運動)は、 安定期に入り、医師の許可があれば、 14週目以降から開始出来ます。

妊娠初期から後期へかけて、 胎児の成長と共に、 母体の変化も著しくなります。

◆妊娠中のピラティスの利点◆

  1. 体重のコントロールの補助

  2. 産後へ向けての上肢と下肢の筋力の維持とわずかな増加

  3. 姿勢改善

  4. 睡眠の質向上への期待

  5. 腰痛予防、尿管失禁の予防

  6. 血栓のリスク、静脈瘤、脚の痙攣やむくみを減少

  7. 気分、身体意識の向上と産後の鬱を軽減

※補足※ マタニティピラティスは、 妊娠前にピラティスをしていた人が していくのが好ましいです。

マタニティピラティスでは、 腹圧を高めるのではなく、 骨盤底筋へ焦点を向けて動いていきます。

呼吸では、横隔膜が下がらないため、 胸での呼吸が旺盛になり、 酸素消費量が15−20%増加します。

そのため、運動時の母体への酸素供給が 妊娠前より変化し、持久力が低下、 息切れとなって現れます。

また、ホルモンの変化が 全ての関節を弛緩させるため、 動きの可動域の管理が必要です。

妊婦の方が安心して身体を動かすには、 専門知識があるインストラクターと共に、 休憩を適切に挟みながらがオススメです🙆‍♀️

上肢は産後、お子様を抱っこしていくため、 筋力の低下はなく、維持はもちろん、 筋力向上が望ましく、肩甲骨の安定が必要です。

妊婦さんから妊娠中、よく聞くのは 「脚が浮腫む」 「よく夜中や明け方に足がつる」 といった事が多いです。

妊娠中は、活動が低下し、 大股で歩くことなどしなくなります。 日常で股関節の動きが出せなくなるので、 下肢後面の筋力強化が必要です。

分娩台での出産に向けて、 スクワットなどの動きも大切です。

ピラティスを通して、 マタニティライフと産後が快適なものに していけるお手伝いをしています☺

ピラティスで、楽しく身体を動かし、 出産に備えていきませんか?

マタニティピラティスプライベートご希望の方は、阪神電車「野田駅」より徒歩3分にある sain lifestyle studio (サーン ライフスタイル スタジオ)にて、ご予約承っております。

ホットペッパービューティーより ご予約をお待ちしております♡

こちらをclickで、ご確認いただけます。 ↓ ↓

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page